脱毛前には自己処理が必要!自己処理の注意点やおすすめの処理方法は?


脱毛前に自己処理をする理由

これから脱毛に行くのに、何で自己処理が必要なのと疑問に思うことはありませんか?脱毛前に自己処理が必要なのは、脱毛の仕組みが関係しています。クリニックやサロンで行われる脱毛は、毛に含まれるメラニン色素をターゲットにし、毛根にダメージを与えていきます。もし、自己処理をしないで毛がボーボーのまま施術を行ったとしましょう。そうすると、伸びている毛にもレーザーが反応し、熱くなった毛が皮膚に触れてやけどしてしまうことがあります。また、毛が多いと熱エネルギーが分散されてしまい、毛根にダメージを与えにくくなります。脱毛の効果を高めるためには、事前の自己処理は絶対に必要になるのです。

電気シェーバーを使う

カミソリや毛抜きを使った自己処理は、肌への負担が多めです。毛抜きに至っては、毛根から毛を処理するため、光やレーザーが反応しなくなり、脱毛効果を発揮しなくなってしまいます。電気シェーバーは、肌の表面を削らないで毛を処理できるため、肌への負担が少なめです。肌に優しい自己処理を行い、肌の健康を保つことが脱毛でキレイな肌を目指すために重要です。

脱毛前の自己処理のポイント

自己処理は、脱毛施術を行う1~3日前に行いましょう。自己処理後は肌がダメージを受けているため、施術による肌トラブルのリスクがあがります。また、毛が短すぎると熱を十分に蓄えられない可能性があるので、自己処理後に1~3日経った後の方が脱毛の効果も高くなります。ムダ毛処理後は肌が荒れやすくなっているので、しっかりと保湿ケアを行いましょう。保湿ケアをして潤いのある健康的な肌を保つことにより、脱毛時の痛みも感じにくくなります。

医療脱毛は、プライバシーが徹底されています。個室になっているので、女性でも安心して施術が受けられます。