薄毛を自力で克服しよう!AGA対策の方法とは


AGAは対策できるものなの?

AGAは、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンが深く関わっていると言われています。そのため、AGAを対策するためには、ジヒドロテストステロンの生成を抑制させることが大切になってくるでしょう。また、AGAは強いストレスや睡眠不足、偏った食生活などの生活習慣の乱れにより、頭皮環境が悪化して発症するとも言われています。そのため、AGAを対策するためには、生活習慣を見直し、頭皮環境を改善して髪の毛に栄養素をしっかり届けるようにすることも重要になります。

ジヒドロテストステロンを減らす方法

AGA対策では、育毛剤や治療薬を飲んでジヒドロテストステロンの生成を抑制するのが一般的ですが、食事や生活習慣を通してジヒドロテストステロンを抑えることができる場合もあります。薄毛に効果的な食べ物の一つに、大豆製品があります。豆類にはイソフラボンという栄養素が含まれており、イソフラボンにはジヒドロテストステロンを抑制する働きがあるのです。それだけでなく、大豆イソフラボンからつくられる「エクオール」はコラーゲンを生成する働きがあります。コラーゲンは頭皮環境を改善する効果があるため、強く太い毛を作り、抜け毛を予防することに役に立ちます。

AGA対策をするために運動をいっぱいしよう

筋肉は血液の循環に大きな役割を果たしており、運動することで血行を改善することができます。血の流れが良くなることで血流を頭頂部まで滞らせず運ぶことができ、髪の毛を育てやすい頭皮環境を作ることができるでしょう。また、汗をかくとジヒドロテストステロンを体の外に排出することができます。AGA対策するためには、運動を習慣化し、汗をしっかりかくということが大切です。

agaを新宿で検討する場合、夜の8時まで診察に対応してくれるクリニックがあります。仕事が終わった後でも利用が可能です。